【初心者必見】スキンケアの正しい順番を朝と夜に分けて解説!

※当サイトではアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を利用して商品を紹介しています。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
※当サイトではアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を利用して商品を紹介しています。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
時短美容

スキンケアを毎日の習慣にしている女性は多いと思います。しかし、スキンケアの順番に自信のある人は少ないのではないでしょうか?

正しい順番でケアをしないと、せっかくのスキンケアが無駄になってしまいます。

この記事では、スキンケアの正しい順番について解説します。

記事を読めば、朝と夜それぞれのスキンケアの順番が分かり、スキンケアの効果を最大限に発揮させることができます。

朝のスキンケアの順番

朝のスキンケアの順番は以下のとおりです。

  1. 洗顔・・汚れを落とす
  2. 化粧水・・保湿
  3. 美容液・・美容成分の補給
  4. 乳液・クリーム・・油分の補給
  5. 日焼け止め・・紫外線対策

» 朝の正しいスキンケア方法

洗顔

朝の洗顔は、皮脂や汗を取り除くために大切です。

肌を清潔に保ちつつ、必要な皮脂は残せるよう、優しい洗顔を心掛けましょう。洗顔料をしっかり泡立て、肌をこすらないように優しく洗うのがコツです。ぬるま湯を使用すれば、肌への負担を減らして乾燥を防げます。

化粧水

洗顔後は、すぐに化粧水を使って保湿することが大切です。肌質に合った化粧水を選んで、肌トラブルを避けましょう。

洗顔を終えた清潔な肌は、水分を吸収しやすい状態です。化粧水が肌の角質層まで浸透しやすいので、効率よく保湿できます。化粧水を選ぶ際は、敏感肌用や乾燥肌用など、肌質に合わせて選びましょう。

肌に優しい成分が含まれている化粧水を選ぶことも大切です。ただし、過度な利用は逆効果になるため適切な量を使用してください。季節や肌のコンディションに応じた使い方をすることがおすすめです。
» 肌の乾燥を防ぐ【保湿の基本】

美容液

美容液は、化粧水を塗布した後に使用してください。

高濃度の有効成分が入っていて、肌の悩みに特化した対策が可能です。美容液の製品は保湿や美白などの目的に応じて選び、使用方法を守って塗布しましょう。朝のスキンケアの日課として取り入れることで、日中の肌を守ってくれます。

乳液・クリーム

朝のスキンケアでは乳液やクリームも重要です。化粧水で補給した水分に蓋をするイメージです。乳液は油分を補給して、肌荒れを予防する効果があります。乳液やクリームはメイクの有無や肌質に合わせて選ぶことが大切です。

軽いテクスチャーの乳液を選ぶと、メイクの邪魔になりにくいのでおすすめです。目的が油分の補給であるため、元々皮脂が多い方は少なめに塗布しましょう。乳液やクリームを使う際は、顔全体に均一に塗ることで肌を保護できます。

日焼け止め

日焼け止めは朝のスキンケアの最後に行います。

肌を守るためには、日焼け止めを上手に活用することが重要です。日焼け止めにはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)から肌を保護する機能があります。SPFとPAの数値で保護レベルが示されています。自分の生活環境や肌質に合わせて、適切な製品を選ぶことが大切です。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UVAを浴びると、シワやたるみを引き起こします。

波長が短いのがUVB。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

資生堂(ANESSA)ホームページより引用

UVB対策に効果的な「SPF」
「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表しています。

UVAを防ぐには「PA」
「PA」とは一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表しています。

資生堂(ANESSA)ホームページより引用

日常生活で浴びる紫外線をカットしたいのであればUVAを防ぐ「PA」に注目して日焼け止めを選びましょう。

毎朝のメイクを手早く終えたい方は、紫外線カット機能のあるメイク下地も有効です。メイク下地が日焼け止めの機能も果たしてくれます。

日焼け止めは外出時だけでなく、室内や曇りの日にも紫外線対策として必要です。顔以外の露出する部分にも忘れずに塗布しましょう。汗や皮脂により効果が薄くなることもあるため、数時間おきに塗り直すのがおすすめです。
» 【毎朝5分】時短スキンケアのやり方!

夜のスキンケアの順番

夜のスキンケアの順番は以下のとおりです。

  1. クレンジング・・メイクや汚れを落とす
  2. 洗顔・・皮脂や汗を落とす
  3. 化粧水・・保湿
  4. 美容液・・美容成分の補給
  5. 乳液・クリーム・・油分の補給

クレンジング

夜最初にするスキンケアはクレンジングです。日中、肌に付着したメイクや汚れを落とすために必要だからです。クレンジング剤を選ぶ際には、水溶性だけでなく油溶性の汚れも取り除けるタイプがおすすめ。メイクや日焼け止めをしっかりと落とせます。

クレンジングを行う際は、肌に負担をかけないようにしましょう。優しいマッサージ感覚でクレンジングするのがコツです。さまざまな種類のクレンジング剤があるため、肌のタイプやメイクの濃さに応じて適切なクレンジングを選ぶ必要があります。

洗顔

夜の洗顔は、1日の皮脂や汗を取り除くために大切です。朝と同様にぬるま湯を使用して洗顔し、肌への負担を減らしましょう。クレンジングで大方の汚れは落ちているため、洗顔時には肌をこすらずに優しく汚れを落とすのがコツです。

肌を清潔に保ちつつ必要な皮脂を残せるよう、優しい洗顔を心掛けましょう。適切な洗顔は肌の健康を守り、スキンケアの基盤を築くことにつながります。

化粧水

化粧水は、顔全体に水分を補給して保湿する役割があります。油分である美容液や乳液を塗る前に使うべきです。化粧水は、手のひらで温めた後に肌に優しくつけると、肌の角質層への浸透が促進されます。肌全体に均等に行き渡らせて、つけ忘れがないようにしましょう。

美容液

美容液は化粧水で肌を整えた後に使用します。順番を守ることで、美容成分が角質層まで浸透しやすくなります。肌が湿っている状態で、すぐに塗布するのがおすすめです。

美容液は、肌の状態や欲しい効果に合わせて選ぶことが重要です。夜の使用では日中の肌ダメージに対応する成分がある美容液を使いましょう。

乳液・クリーム

夜のスキンケアでは、油分が高いクリームを使用して、肌の回復を助けましょう。夜間の肌の修復活動が活発になります

ただし、脂性肌の人であれば、ノンオイルやジェルタイプを選ぶのがおすすめです。油分が多くなり過ぎず、テカりを防止できます。夜のスキンケアでは日焼け止めは不要です。

スキンケアのよくある質問

スキンケアのよくある質問について回答します。

パックやシートマスクはいつ使うのが効果的?

パックやシートマスクは、洗顔して化粧水で肌を整えた直後に使用します。

特に肌が乾燥しているときや特別なケアが必要な日に使用すると効果的です。パックやシートマスクは顔全体に多くの潤いを与えてくれ、有効成分が角質層まで浸透しやすくなります。就寝前にパックを使用すると、長時間の保湿につながります。
» 毎日使う? シートマスクの選び方と使用方法

化粧水と乳液はどちらが肌に必須?

化粧水と乳液はどちらも必須です。化粧水で保湿をして、乳液で油分を補給する役割があるからです。スキンケアには両方の効果が必要なため、美容への投資として両方購入しましょう。

化粧水と乳液両方の役割を果たしてくれるオールインワンの製品もあります。スキンケア製品をいくつも使うのが面倒に感じるかたは、オールインワンジェルでスキンケアするのもおススメです。

≫ オールインワン化粧品のメリットデメリット

まとめ

毎日のスキンケアは、美しい肌を保つために欠かせません。朝と夜でスキンケアの順番が異なる部分があるので注意しましょう。

化粧水は水分補給、乳液は油分の補給など、各化粧品を使用する目的を理解しましょう。目的を理解すると、使用する順序が自然とわかります。

適切な順番でスキンケアをすることで、健康的かつ美しい肌を保ちましょう。
» すっぴん美人になるためのスキンケアと生活習慣

コメント